ガンが移る

カルテを開く医者

癌の転移を調べる方法

もしも転移した場合にもできるだけ早期発見を行うことで最大限治していくようにしていくのが、現代医学では一般的な考えとされていました。 ただ最近ではそれだけではなく代替医療と組み合わせて癌の再発または転移を予防しておくという考えも広まってきています。 癌の転移を調べる方法としては、検査を行うことで発見していきます。しかし癌の検査手順については複雑です。腫瘍部分を発見したとしても場所や大きさ、さらにこれまで行ってきた治療内容などによって今後の治療方法は違っています。 一回の癌の精密検査の相場は公的なものでは5,000円くらいであり、自分で受ける場合には3万円くらいが相場となっています。検査については中には無料で行っている自治体もありますので住んでいるところの癌検診がどうなっているかを調べてみるのも方法です。

緩和ケアについての考え方

仮に癌が転移して広範囲に発生し成長してしまった結果、手術による除去が期待できないという状態においても治らないということではあっても治療方法まではなくなったわけではありません。 この場合に考えるのは緩和ケアと呼ばれる方法で、いかに癌に対する苦痛を和らげて生活していくかを考えた治療方法を考えます。 この場合の相談は担当医とよく話し合って決めていきます。 また、癌に関しては今は無理でも新しい治療方法が日々開発されていますので絶望をする必要はありません。少しでも長くどのようにして生きるかを考えていくのが悪性腫瘍に立ち向かうための基本的な考え方となります。 また、治療に対する知識を患者自身が前向きに身につけておくことも大事なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加